ベストケンコーで医薬品の個人輸入

ベストケンコーで医薬品の個人輸入

医薬品の個人輸入をは、個人の方が、海外出流通している医薬品を購入することを指します。海外の医薬品は、日本ではまだ未入荷のものがあり、個人輸入でしか手に入れることのできないものがあります。また、価格が安く設定されているものがたくさんありますので、医薬品を節約するために、個人輸入をご利用になる方もおられます。

 

ベストケンコーでは、個人輸入のご注文を簡単に行っていただけるようになっています。通常個人輸入を行う際には、海外の薬局やバイヤーと取引を行う必ようがあります。その際には日本語対応の所は少なく、ほとんどが現地の言葉でやり取りを行わなくてはいけません。日本人の方は、その言語の問題が原因で、個人輸入はできないとあきらめてしまうことが多いですが、ベストケンコーをご利用いただくことで、ご注文もお支払いに関しても、日本語で行うことができます。

 

個人輸入の仲介業務を行っているのですが、ベストケンコーでは、送料の負担も行なってくれるので、ベストケンコーから医薬品の個人輸入の注文を行うことで、送料が無料となります。それだけでなく、ベストケンコーでは、ご注文の際に、同じ商品をまとめて注文すると、割引されるシステムがあります。この特典は、どなたでもご利用になることができるので、なるべく一度にたくさんの医薬品をご購入されるといいでしょう。

 

初めて医薬品の個人輸入を行おうと考えている方には、個人輸入を利用する際の注意点をご理解いただく必要があります。個人輸入の制度は、日本で定められており、守らない場合は処罰の対象となることがあります。一般的なネット通販と、医薬品の個人輸入の大きな違いは、購入するものが医薬品であることがあります。医薬品は使用方法を間違えてしまうと、体に悪い影響が出ることがあるので、慎重に服用する必要があります。

 

病院に行って処方してもらう際には、患者の体質と成分の愛称がテストされ、また、服用方法や、副作用が出た際の指示などがされて処方されますが、個人輸入の場合には、そのような指導を受けることなく、患者さんは医薬品だけを手に入れることができます。そのために使用方法を十分に理解していないケースが想定されます。その場合には、危険なことが起こるので、個人輸入では、購入する前に医薬品について深く理解があることが求められます。初めて使用する医薬品を個人輸入するときには、ベストケンコーでは事前に医師のカウンセリングを受けることを推奨しています。


更新履歴
このページの先頭へ戻る